ブログ

指輪の代わりのペンダント

2016.09.08

結婚指輪や、大切な人の形見の指輪を身につけたいけれど、仕事上どうしても指輪をつけることができない場合があります。

 

 

例えば、医療や飲食店関係など、衛生に気を使う職場では、アクセサリー類は禁止されているため、現場で外しておくようにすると、無くしてしまうのではと不安になり、持ち歩くこともできないということがあります。

 

 

そこで、チェーンに通してペンダントにして身につけるという方法があります。

この方法なら、無くす心配もなく一日を通して指輪を身につけられるため、大切な人との絆も感じることが可能です。

 

 

また、デザインの古い指輪があったら、石や枠を活かしたままペンダント用に直すというジュエリーリフォームもできます。

結婚指輪を作ろうとするとき、最初から仕事上の理由などでつけられないとわかっているときは、ペンダントをペアでつけるという方向でデザインを選ぶカップルも増えています。

 

 

こうした傾向は、仕事や暮らし方の多様化によって、それぞれが個性を重視しながらも、伝統的な絆を大切にするという気持ちを失わないために、親しまれています。