ブログ

指輪をなくさないようにするために

2016.08.03

指輪をなくす場合とは、どのようなことが考えられ、また、無くさないための方法とはどのようなものがあるでしょうか。

 

 

一般的になくしてしまう一番の原因は、お風呂や水仕事などをする時にいったんはずし、そのままどこにいったのかわからなくなってしまうことが挙げられます。
場合によっては、大がかりな家事や掃除をする前に外してそのまま紛失してしまうというケースが考えられます。

 

 

指輪を無くさないための対策として用いられる有効な方法は、家でも外でも一度つけたら外さないことを心掛け、指輪そのものを外さないことです。
あるいわ、家の洗面所などに指輪専用の小皿や筒といったもの用意しておき、そこにいておく習慣をつけることが考えられます。

 

 

また、よほど心配な場合には、指にはめるのではなく、ネックレスにして首からかけたり、指にぴったりとはまるサイズにして、落ちないようにすることや、あらかじめ保管しておく場所を決めておくことなども良い最善策と言えます。

 

 

結婚指輪など、無くしてしまった場合自分だけでなく相手方も傷つけてしまうこともあります。
無くさないために色々な対策を心掛けましょう。