ブログ

マリッジリング、どの素材が良いの?

2015.10.26

マリッジリングには様々な素材があります。

 

希少性や耐久性、加工がしやすく
変色に強い、永遠の白さを象徴するとも言われる
トータルで優秀なプラチナ。

 

古代から身につけられ、装飾品としての歴史が長く、
日常使いに適している欧米ではプラチナよりメジャーなゴールド。

 

金額がプラチナよりも安価で、加工しやすくデザインが豊富で
カジュアル感のあるホワイトゴールド。

 

カラーゴールドの中では一番硬度が高く、
肌馴染みが良く、綺麗な色合いから女性に人気なピンクゴールド。

 

プラチナよりも軽く白く、光沢のある金属ですが
低価格という魅力を持つパラジウムなど様々なものがあります。

 

素材はたくさんありますが、
選ぶポイントとしては劣化年数やサイズ直しを考慮したり、
フルオーダーやセミオーダー、既製品を買うかなどを考え、
指輪が必要な日から二ヶ月以上前から
検討し始めると良いとされています。

 

早めに準備をすることによって、
選択肢を増やすことができますが、
指の太さが変わってしまうこともあるため注意が必要です。

 

東京で結婚指輪・婚約指輪の手作り・オーダーメイドなら
​専門店Hamriにおまかせください。
https://www.hamri.jp/