ブログ

手作り結婚指輪・婚約指輪の『Hamri』で使う”ワックス”とは?

2013.11.25

 

手作り結婚指輪・婚約指輪の『Hamri』では、”ロストワックス製法”を採用しています。

 

この”ロストワックス製法”というのは、ジュエリーの世界では最もポピュラーな製法で、

 

プロのジュエリー職人や、一流ブランドジュエリーも”ロストワックス製法”で作られています。

 

 

ジュエリーの世界(もちろん結婚指輪や婚約指輪も含みます)では、

プロの職人が『原型制作〜鋳造〜仕上げ』を行います。

 

 

手作り結婚指輪・婚約指輪の『Hamri』では、これらの作業の中から

『原型制作』をお客さまに行っていただいております。

 

 

そして『原型制作』で使用するのが”ワックス”です。

 

 

”ワックス”とは、ろうそくのロウのような素材で、

切ったり削ったり描いたりが簡単にできる、ちょうど良い硬さの素材になっています。

 

じつは、”ワックス”にも数種類のものがあり、柔らかいワックスや、硬いワックス、

粘度の高いワックスがあったりと、デザインに合わせて選ぶことができます。

 

 

手作り結婚指輪・婚約指輪の『Hamri』で採用している”ワックス”は緑色のもの。

 

 

緑色のワックスの特徴は、硬さが硬いこと。

 

 

なぜ硬い緑色のワックスを採用しているかと言うと、

 

『結婚指輪』や『婚約指輪』という”細身のデザイン”を作るから。

 

 

細身の指輪を作るときには、ワックスにある程度の硬さがないと、すぐに割れてしまうんです。

 

 

お客さまはもちろん、初めての指輪づくりです。

 

パキパキ割れてしまっては作業が進みません。

 

 

お好みのデザインを入れようとしても、やわらかいワックスだと少し技術が必要になってきます。

 

 

ということで、手作り結婚指輪・婚約指輪の『Hamri』では、緑色のワックスを採用することになりました。

 

 

この”ワックス”、『Hamri』ではもともとリング型のものを使用していますが、

シート状のものや、線状のものなど、用途が選べるように色んな形で販売されています。

 

 

ほ〜んとに色んなことができる”ワックス”。

 

手作りって楽しいですね♪♪♪