ダイヤモンド

ダイヤモンドは地球上で最も硬く、その美しい輝きは永遠に失われることがありません。
ひとつひとつ個性が異なり、同じ輝きはふたつとありません。
永遠の愛を誓い合うふたりを祝福するかのように、結婚指輪・婚約指輪として用いられるようになりました。

メレダイヤ

メレダイヤとは、0.1ct以下の小さなダイヤモンドのことです。
婚約指輪の中石を引き立てる脇石や、結婚指輪を飾るダイヤモンドとして使われています。
『Hamri』では、さまざななカラーやカットのメレダイヤをご用意しています。
カラーは、天然のピンク、ブルー、グリーン、イエロー、ブラックなど、多数揃えています。
カットは、プリンセス、ハートシェイプ、マーキスなど様々なファンシーカットをご用意しています。
仕入を自社で行なっているので、世の中には出回らない珍しいダイヤモンドを見れるのも、
『Hamri』の特徴です。

ダイヤモンドの4C

ダイヤモンドの品質は、4Cと呼ばれる基準によって評価されています。
4Cとは、カラット(重さ)カラー(色)クラリティ(透明度)カット(研磨)のことで、
それぞれの英語の頭文字をとって"4C"と呼ばれています。

カラット(CARAT)

宝石の重さを表す単位で、1カラットは0.2グラムで、"ct"と表記されます。
大きさだと思われがちですが、正確にはダイヤモンドの重さです。
一般的にカラットの数字が大きいほど希少価値が高いとされています。

婚約指輪には0.3~0.5ctのダイヤモンドが人気があります。

0.1ct 0.15ct 0.2ct 0.25ct 0.3ct 0.4ct 0.5ct 0.7ct 1.0ct
3.0mm 3.4mm 3.8mm 4.1mm 4.4mm 4.8mm 5.2mm 5.8mm 6.6mm

※上記の表はダイヤモンドの大きさの目安です。

カラー(COLOR)

ダイヤモンドの色を表していて、無色透明なほど希少価値があります。
無色透明を最高のDとし、黄色味を帯びるにしたがってZまでの23階に評価されます。

D E F G H I J K L M N - R S - Z
無色 殆ど無色 僅かな黄色 薄い黄色 黄色

クラリティ(CLARITY)

ダイヤモンドの透明度を表しています。
原石に含まれている内放物(インクルージョン)やキズなどの特徴が少ないほど透明度は増し、希少価値が高くなります。
フローレス(FL)を最高に肉眼で内包物が見えるI3まで11段階に評価されます。

FL IF VVS1 VVS2 VS1 VS2 SI1 SI2 I1~I3
10倍拡大で無傷 10倍拡大で発見困難な
微小の内包物
10倍拡大で発見が
多少困難な内包物
10倍拡大で発見が容易、
肉眼では困難な内包物
肉眼で発見が容易な内包物

カット(CUT)

カットは4Cの中で唯一、人間の技術によるもので、カットの良い物ほど美しく輝きます。
ダイヤモンドの輝きを大きく左右するカットは、4Cの中でも最も重要な要素です。

Excellent
(エクセレント)
VeryGood
(ベリーグッド)
Good
(グッド)
Fair<
(フェアー)/td>
Poor
(プアー)

ハート&キューピッド(H&C)
エクセレントカットの中でも、プロポーションとシンメトリーに特に優れたダイヤモンドには、カットの中に8つのハートとアローが現れます。
このようなダイヤモンドを「ハート&キューピット」と呼びます。

トリプルエクセレント(3EX)
ダイヤモンドのカットの3つの評価、プロポーションを含む総合評価、シンメトリー、ポリッシュの全てがエクセレントと評価されたダイヤモンドを、トリプルエクセレントと呼びます。

ファンシーカットダイヤモンド

個性的なデザインや、婚約指輪らしくない婚約指輪をご希望の方には、
魅力的な「ファンシーカットダイヤモンド」がおすすめです。