デザイン加工

鏡面仕上げ

指輪の表面をぴかぴかに光らせる仕上げ方法です。
鏡のように磨き上げ、手触りもつるっとして、
結婚指輪、婚約指輪の中で最もポピュラーな仕上げ方法です。

ホーニング

指輪の表面に細かい粒を空気の力で吹き付け、光沢を抑えるつや消し加工です。
優しいマット感は、落ち着いて柔らかい風合いになります。
一段落ちた場所や、広範囲に施すのがおすすめです。

ダイヤポイント

先端にダイヤモンドの粒子がついた専用の工具で、指輪の表面を研磨していく加工です。
ホーニング加工に比べると、目が荒く、手触りもザラッとしています。
光沢が残るのも特徴です。
出っ張っている場所や、細かい場所に施すのがおすすめです。

アンティーク

金属製の硬いブラシを使い、傷をデザインにしたようなヴィンテージ感を作り上げます。
初めから使用感のあるような風合いは、小傷も目立ちにくく、色あせないことが特徴です。

ハンマーテクスチャー

指輪の表面をハンマーで一打一打叩きつけることで、ひとつとして同じ形が出来ない、味のあるデザインが生まれます。
叩くハンマーによってもイメージが変わり、とても個性豊かな加工です。

ミル打ち

指輪の表面に、小さな粒を連続して施す加工です。
指輪の境界線をくっきりと見せ、ぐっと引き締まったような印象を持たせます。
重厚感と品があり、クラシックなデザインに仕上がります。
『Hamri』のミル打ちは、熟練の職人が1粒ずつ手作業で打っていくので、
とても美しい輝きを放ちます。